2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2015年1月 »

映鑑だより 75号

 第75回の映画鑑賞会は、実行委員会の皆様のご協力を得て、大ホールで「じんじん」の上映会となりました。

平成15年に発足した「鹿沼映画鑑賞会」は古い懐かしい映画を情報センターで楽しんできましたが、今回のような文化センターでの上映会を振返ってみますと、20年の「那須少年記」に始まり、21年「ふみ子の海」、22年「いのちの山河」、23年「お菓子放浪記」、24年「ディア・ドクター」、25年「人生いろどり」とそれぞれいい映画でした。

そして今日の「じんじん」はどんな感動をいただけるのでしょう。  

映画に足を運ぶことが出来ることは、とても幸せなことだと思います。 映画は行ったことのない場所に行くことが出来ます。経験したことのない立場に立つことも出来ます。味わったことのない喜びや悲しみも共有出来ます。見る人それぞれの立場で感じるところも違います。人は、たくさん感動することが大切だ、といわれます。何か豊かな気持ちになることが、心の栄養なのかも知れません。  

北海道の真ん中より少し上の方に絵本の里・剣淵町があります。人口3500人ほどの小さなこの町は、今から約25年前から「絵本による町づくり」を進めてきました。ふるさと創生資金で「絵本の館」を作り、大人と子供が絵本の読み聞かせを通して、大切な宝物を頂いているようです。大地康雄さんは、その姿を見て映画を作ることになりました。

『歓喜の歌』の余韻に浸る

 

市民グループが練習を重ねた「第九」を大ホールで合唱する、これは近年の師走の風物詩。地方では、希望日時の大ホール使用の予約はなかなかの至難。となれば、ダブルブッキング(二重予約)はあり得ること。

 日々の生活に追われながらもコーラスを楽しむママさんグループと、ちょっとハイソなレディースコーラスグループが、大ホール使用でダブルブッキングの目に遭う。しかも、ホール管理職員が責任逃れをするから、さあ大変。

 映画では、それぞれの人間模様・生活ぶり・身びいきな言い分が描かれ、笑いを誘います。特にホール管理主任のダメ振りは愉快ですが、妻に見放されて哀れでもあります。

 そのような中、ママさんグループのあるお母さんは、病に伏した夫を献身的に看病し、夫の洋服リホーム店を続け、一方で自分のラーメン店も手を抜かず、それぞれのお客様を大切にします。さらに、娘が健康を害さないか心配するほど、ママさんコーラスもご熱心。ダメの烙印を押された主任は、そのお母さんのくじけず、明るく、懸命に生きるひたむきさや家族愛に触発され、一念発起して解決に乗り出すのです。偏見を抱いていた2つのコーラスグループも、相手の力量を認め合いながら融和していきます。主任さんは時々危うい状態に陥りますが、みんなの助けを得、遂に成功裏に映画の幕が閉じられます。観客の誰もがホッと安堵し、温かい心情に浸りました。

 最後に、キャスト紹介画面と共に、クレイジーケンバンド「あの鐘を鳴らすのはあなた」の曲が流れます。

 暗い館内、この曲に合わせて小さく歌うご婦人の声がきかれ、「ああ、ママさんコーラスがここにもあった」と感激に浸りました。

 師走に相応しい、とってもいい映画を上映していただき、鹿沼映画鑑賞会の皆様には感謝申し上げます。

映画「歓喜の歌」感想

* こんな楽しい映画久しぶり。最高! 泣いて笑って楽しめました。みんな適役で見事でした。

* 映像と音声が良かったし、内容もおもしろく短い時間の中のストーリーで、とても充実していました。映画鑑賞そのものが良い思い出となります。

* 笑いの涙、感動の涙の中に、本当の幸せを再確認しました。

* とても面白かったです。面白いだけでなく、人それぞれの生きる姿が表現されていて、感動しました。

* 笑いが沢山あり、一週間分も笑いました。色々な場面で学ぶ事があり、中身の濃い映画でした。

* 楽しい映画で、大いに泣き笑いし、何か気持ちがスッキリしました。

* 久しぶりで涙を流して笑いました。9月17日に夫が急死し、悲しい涙ばかり流していましたが、心がひととき明るくなりました

* 楽しい映画でしたね。役者さんが素晴しい方々で、とても楽しめました。明るい内容のものは、後味がよくていいです。

* 落語のおかしさが随所に盛り込まれており、権力者(上司)に弱い庶民の感情などもよく表現されていたと思う。ラストのコーラスの盛り上がりが良かった。

* いつもいい映画をありがとうございます。今の自分がどうなのか、振り返り見つめ直すことができます。

« 2014年4月 | トップページ | 2015年1月 »