2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 映画「ペコロスの母に会いに行く」 | トップページ | 映鑑だより »

映画『じんじん』感想

平成26年6月上映映画 『じんじん』 感想
          
 とても良い映画でした。絵本の持つ力を感じます。膝の上で娘に絵本を読んであげた頃を思い出して、目頭があつくなりました。 

 絵本が織りなす人と人との絆、本当によかったです。なんども泣いてしまいました。
   素敵な映画でした。景色も演技もとても良いと思いました。

 笑って泣いて、心地よいひとときを過ごせました。絵本の持つ力って素晴らしいですね。
 子供のために、地域のために、情緒を育みながら心も一つにさせてくれますね。人生模様など難しいテーマも盛り込みながら、考えさせてくれる映画でした。 クロコダイルの絵本が完成し、大変良かったです。 

 すごく楽しかったです。すごく感動しました。 
    とても感動しました。絵本の素晴らしさを再確認。K.L.Vをやっていてよかったです。ずっと続けていきたいと思いました。 

 剣淵の方達のあたたかい思いと一緒に、1冊の絵本がもたらす力の大きさに感じ
    いりました。”大人が子供に何を残せるか”素晴らしい考えだと思います。 

 「じんじん」それは「人と人」。人は運命と宿命と言われるものを背負って、それと戦いながら、進む方向を変えながら、幸、不幸の間を流れていく。
 銀次郎とアヤカも、運命の仕業に流されて生きてきた。でも、心に支えとなるもの、絆を持てば、人は泥沼に落ちることなく、大地をしっかり歩くことができる。その役を大地康雄が見事に演じ、最後のアヤカの笑顔も、とても素敵でした。 

 久しぶりに感動できた映画でした。不覚にも、2度3度と流れる涙を止めることができませんでした。
 また、子供の時に読んだ、読んでもらった絵本の持つ潜在的な影響力の大きさに改めて気付かされる映画でした。
 銀次郎役の大地氏は、ほんとうに味のある演技をしており、好きな俳優の一人になりました。

 いつの間にか、涙目になったり・・大笑いしたり・・楽しいひとときでした。
 親子の関係はこうでありたいと思います。教育が見直される今日、是非全国の親と子に見せたい映画です。
 昔は鹿沼に映画館が3軒もあり、学校では主に低学年が授業の一環として、アリのように映画館まで歩いて行ったことを思い出します。よいこといつまでも続くことを願います。

« 映画「ペコロスの母に会いに行く」 | トップページ | 映鑑だより »