2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

映画鑑賞会からのお知らせ

映画「オペラ座の怪人」

哀しくも 美しい 愛の物語
「オペラ座の怪人」

平成28年3月25日(金)   
①午前10時30分~     ②午後2時~
鹿沼市民文化センター小ホール  前売1,000円(当日1,200円)

19世紀末パリ。オペラ座では怪人の仕業とされる謎の事件が続いていた。
そんな中、代役として舞台に立ったクリスティーヌは喝采を浴びた。
彼女は「音楽の天使」に導かれたと信じていたが、その正体は…

原作:ガストン・ルルー
監督:ジョエル・シュマッカー
音楽:アンドリュー・ロイド・ウェバー
主演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム
日本語吹替:劇団四季
上映時間:143分
2004年 アメリカ映画

「鉱毒悲歌」

足尾銅山鉱毒事件による旧谷中村の人々の苦難の歴史

「鉱毒悲歌」 日時:6月21日(日) (1)10:30~  (2)14:00~

会場:鹿沼市民情報センター5階 マルチメディアホール

入場無料 各回先着110名様

お誘い合わせてご参加ください。

1974年から5年間、足尾から旧谷中村の風景、更に村民の移住先の那須、北海道佐呂間での聞き取りと撮影は続いた。そこには、足尾の鉱毒により生活基盤を破壊された農民、鉱夫の苦難の歴史があった。仮の編集で止まっていた幻の記録映画が35年ぶりに完全編集版として蘇った。

映画「ペコロスの母に会いに行く」

ペコロスの母に会いに行く

日時:3月29日(日) (1)10:30~  (2)14:00~

会場:鹿沼市民情報センター5階 マルチメディアホール

入場無料 お誘い合わせてご参加ください。

ストーリー:ゆういち(愛称ペコロス )の母みつえは89歳。
少しずつ認知症の症状が進み、少女に戻り無邪気な様子を見せるみつえ。
そんな母を優しく見守りながら、過ぎ去った日々に思いを馳せる。

 

原作:岡野雄一  監督:森崎東

出演:岩松了・赤木春恵・原田貴和子・加瀬亮 他

第6回鹿沼市民文化センター名作映画祭

第6回鹿沼市民文化センター名作映画祭

平成27年1月18日(日)
大ホール チケット全席自由
●前売り:500円 当日:1000円

叙情的な作風で多くの観客を魅了した木下恵介監督の作品の上映
①カルメン故郷に帰る (出演:高峰秀子、小林トシ子、佐田啓二)
②二十四の瞳 (出演:高峰秀子、月丘夢路、田村高廣)
③喜びも悲しみも幾年月 (出演:高峰秀子、佐田啓二、中村賀津雄)
④野菊の如き君なりき (出演:有田紀子、田中晋二、田村高廣)

映画「じんじん」

映画「じんじん」

「絵本の里」で知られる北海道剣淵町を舞台に、人の優しさと親子の絆を描きます

日時:6月28日(土) 10:30~ 14:00~
会場:市民文化センター大ホール

前売券1000円 当日券1500円
小中高校生 前売・当日ともに800円

文化センター名作映画祭のお知らせ

【文化センター名作映画祭のお知らせ】
第5回 鹿沼市民文化センター名作映画祭

会場:鹿沼市民文化センター大ホール
平成26年 1月19日(日)

全席自由前売券500円(当日券1000円)
成瀬巳喜男監督の戦後代表4作品を一挙上映!

お問い合わせは、鹿沼市民文化センター まで

(1)10:30~12:07 (97分)
  ◆めし (1951年 東宝) 上原謙・原節子・島崎雪子 他

(2) 1:00~2:38 (98分)
  ◆おかあさん (1952年 新東宝) 田中絹代・香川京子・岡田英次 他

(3) 3:00~5:03 (123分)
  ◆浮雲 (1955年 東宝) 高峰秀子・森雅之・岡田茉莉子 他

(4)5:30~7:18 (108分)
  ◆乱れ雲 (1967年 東宝) 加山雄三・司葉子・森光子・浜美枝 他

映画「歓喜の歌」

映画「歓喜の歌」

きっとあなたの心にあかりを灯す、笑いと涙の音楽喜劇

平成25年12月1日(日)   

①午前10時30分~   ②午後2時~
鹿沼市民文化センター 小ホール

チケット 1,000円 (小中高生 500円)

立川志の輔の創作落語を映画化した話題作。

大晦日の市民ホールを舞台に、職員やママさんコーラスの騒動を
人情味たっぷりに描きます。
出演:小林薫・伊藤淳史・由紀さおり・安田成美 他
2007年 112分


ドキュメンタリー「生き抜く」南三陸町 人々の一年

「生き抜く」 南三陸町 人々の一年

前に進もうとする人、絶望の淵に立ち弱っていく人、
じっと立ち止まったままの人・・・が静かに登場し、
南三陸町の被災1年の厳然たる現実を
克明に描くドキュメンタリー(99分)
  
プロデューサー:井本里士 監督:森岡紀人

8月18日(日) (1)午前10:30~ (2)午後 2:00~
鹿沼市民情報センター
5階 マルチメディアホール


入場無料 どなたでもお越しください


映画「人生、いろどり」

映画「人生、いろどり」 

3月23日(土)

上映開始 (1)10:30~ (2)13:30~ 
       
(開場30分前) (上映時間1時間52分)

入場料 前売 1,000円 当日1,500円 小中高生800円(当日のみ)


四国で最も人口が少なく、高齢化が進んだ徳島県・上勝町。

地元の収入源となるミカンが全滅したため、新しい事業を立ち上げようと、
料理の 彩りとして添えられる「つまもの」の葉っぱを商品として売り出す事を提案する。

誰も相手にしなかったが、花恵と薫だけが賛同。都会から戻ってきた同級生、
路子も加わり、「つまもの」は次第に売れるように…。
事業が軌道に乗り始めると、3人の生きる姿勢も変わり始める。

【配役】吉行和子(徳本薫)・富司純子(石本花恵)・中尾ミエ(尾関路子)

鹿沼市民文化センター名作映画祭

平成25年1月19日(土) 鹿沼市民文化センター名作映画祭

          文化センター・大ホール  全席自由
          前売券 500円 当日券1000円
          上映予定:  「純愛物語」「青い山脈」「また逢う日まで」「真昼の暗黒」

    

その他のカテゴリー