2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

皆様からの感想

鹿沼市民文化センター名作映画祭感想 

鹿沼市民文化センター名作映画祭感想 平成27年1月18日(日)

 「二十四の瞳」 「カルメン故郷に帰る」 「喜びも悲しみも幾年月」 「野菊の如き君なりき」       

Ichigo小学校の時、年に何回か学校から映画館に行き、見たのが「二十四の瞳」でした。
あれから60年余、大石先生の高峰秀子さんと小1〜4年生の担任だった先生のイメージが重なり合っています。
他の優れた女優さんが演じてもどうしても「大石先生は高峰さん」は変わりません。
DVDを買い求めて、息子や孫達にも見せてやりたいと思っています。  70代男性                  

Ichigo「二十四の瞳」は、亡き母との思い出の映画で改めて見ることができ、とても感動しています。
あの時、母はどのように見ていたのでしょうか?
今の私は68歳、亡き母は戦争を体験し激動の人生を過ごして来ただけに、涙を流し見ていました。
当時6歳だった私ですが、映画の内容はよく覚えています。
「ゆりのお弁当箱」涙を流して見ていた子供時代。とてもよかったです。また見にきます。   60代女性

Ichigo小学3〜4年生頃、両親と「喜びも悲しみも幾歳月」を観ました。
子供心には良く理解できない面もありましたが、両親と観た思い出が蘇り感無量でした。
今は亡き両親に、合掌。   60代男性                            

Ichigo何度観ても大好きな映画、思い出や楽しんだことなど心の力になり、本当に楽しいです。同じ映画でも一期一会です。  60代女性

Ichigoとても素晴らしく、感動いたしました。夫婦愛、親子の情、涙涙でした。
人間の本当に大切なもの、明日から私も夫を支え、頑張っていこうと思います。 60代女性

Ichigo白黒映画が大好きです。色々と思い巡らせて楽しかったです。
古き良き日本を見、悲しいことも、楽しいことも見、いろいろ考えることもありました。  60代女性

Ichigo良い映画を安い料金で見せてくださってありがたいです。
今後ともこの企画を続けて欲しいです。
今回は特に良いプログラムでした。
毎回弁当を2個作って、1日中映画の海を泳いでいます。この形で(低料金、1日開催)続けていただきたいです。  50代男性                         

Ichigo「ひざかけ」アリガトウゴザイマス。いつもお借りしています!続けてお願いします。
  いつも楽しみに来ています。    70代男性

Ichigo映画は4本とも素晴らしかった。
残念なのは音声が不明瞭でセリフ部分が聞き取れず、内容が理解できなかった部分が多かったことです。   60代男性

Ichigo昼食時の休憩は、今のままで良いが、それ以外の休憩時間はもう少し短くていいのでは?軽食の販売があるのは非常にありがたいですね。 70代以上 女性

映画『じんじん』感想

平成26年6月上映映画 『じんじん』 感想
          
 とても良い映画でした。絵本の持つ力を感じます。膝の上で娘に絵本を読んであげた頃を思い出して、目頭があつくなりました。 

 絵本が織りなす人と人との絆、本当によかったです。なんども泣いてしまいました。
   素敵な映画でした。景色も演技もとても良いと思いました。

 笑って泣いて、心地よいひとときを過ごせました。絵本の持つ力って素晴らしいですね。
 子供のために、地域のために、情緒を育みながら心も一つにさせてくれますね。人生模様など難しいテーマも盛り込みながら、考えさせてくれる映画でした。 クロコダイルの絵本が完成し、大変良かったです。 

 すごく楽しかったです。すごく感動しました。 
    とても感動しました。絵本の素晴らしさを再確認。K.L.Vをやっていてよかったです。ずっと続けていきたいと思いました。 

 剣淵の方達のあたたかい思いと一緒に、1冊の絵本がもたらす力の大きさに感じ
    いりました。”大人が子供に何を残せるか”素晴らしい考えだと思います。 

 「じんじん」それは「人と人」。人は運命と宿命と言われるものを背負って、それと戦いながら、進む方向を変えながら、幸、不幸の間を流れていく。
 銀次郎とアヤカも、運命の仕業に流されて生きてきた。でも、心に支えとなるもの、絆を持てば、人は泥沼に落ちることなく、大地をしっかり歩くことができる。その役を大地康雄が見事に演じ、最後のアヤカの笑顔も、とても素敵でした。 

 久しぶりに感動できた映画でした。不覚にも、2度3度と流れる涙を止めることができませんでした。
 また、子供の時に読んだ、読んでもらった絵本の持つ潜在的な影響力の大きさに改めて気付かされる映画でした。
 銀次郎役の大地氏は、ほんとうに味のある演技をしており、好きな俳優の一人になりました。

 いつの間にか、涙目になったり・・大笑いしたり・・楽しいひとときでした。
 親子の関係はこうでありたいと思います。教育が見直される今日、是非全国の親と子に見せたい映画です。
 昔は鹿沼に映画館が3軒もあり、学校では主に低学年が授業の一環として、アリのように映画館まで歩いて行ったことを思い出します。よいこといつまでも続くことを願います。

『歓喜の歌』の余韻に浸る

 

市民グループが練習を重ねた「第九」を大ホールで合唱する、これは近年の師走の風物詩。地方では、希望日時の大ホール使用の予約はなかなかの至難。となれば、ダブルブッキング(二重予約)はあり得ること。

 日々の生活に追われながらもコーラスを楽しむママさんグループと、ちょっとハイソなレディースコーラスグループが、大ホール使用でダブルブッキングの目に遭う。しかも、ホール管理職員が責任逃れをするから、さあ大変。

 映画では、それぞれの人間模様・生活ぶり・身びいきな言い分が描かれ、笑いを誘います。特にホール管理主任のダメ振りは愉快ですが、妻に見放されて哀れでもあります。

 そのような中、ママさんグループのあるお母さんは、病に伏した夫を献身的に看病し、夫の洋服リホーム店を続け、一方で自分のラーメン店も手を抜かず、それぞれのお客様を大切にします。さらに、娘が健康を害さないか心配するほど、ママさんコーラスもご熱心。ダメの烙印を押された主任は、そのお母さんのくじけず、明るく、懸命に生きるひたむきさや家族愛に触発され、一念発起して解決に乗り出すのです。偏見を抱いていた2つのコーラスグループも、相手の力量を認め合いながら融和していきます。主任さんは時々危うい状態に陥りますが、みんなの助けを得、遂に成功裏に映画の幕が閉じられます。観客の誰もがホッと安堵し、温かい心情に浸りました。

 最後に、キャスト紹介画面と共に、クレイジーケンバンド「あの鐘を鳴らすのはあなた」の曲が流れます。

 暗い館内、この曲に合わせて小さく歌うご婦人の声がきかれ、「ああ、ママさんコーラスがここにもあった」と感激に浸りました。

 師走に相応しい、とってもいい映画を上映していただき、鹿沼映画鑑賞会の皆様には感謝申し上げます。

映画「歓喜の歌」感想

* こんな楽しい映画久しぶり。最高! 泣いて笑って楽しめました。みんな適役で見事でした。

* 映像と音声が良かったし、内容もおもしろく短い時間の中のストーリーで、とても充実していました。映画鑑賞そのものが良い思い出となります。

* 笑いの涙、感動の涙の中に、本当の幸せを再確認しました。

* とても面白かったです。面白いだけでなく、人それぞれの生きる姿が表現されていて、感動しました。

* 笑いが沢山あり、一週間分も笑いました。色々な場面で学ぶ事があり、中身の濃い映画でした。

* 楽しい映画で、大いに泣き笑いし、何か気持ちがスッキリしました。

* 久しぶりで涙を流して笑いました。9月17日に夫が急死し、悲しい涙ばかり流していましたが、心がひととき明るくなりました

* 楽しい映画でしたね。役者さんが素晴しい方々で、とても楽しめました。明るい内容のものは、後味がよくていいです。

* 落語のおかしさが随所に盛り込まれており、権力者(上司)に弱い庶民の感情などもよく表現されていたと思う。ラストのコーラスの盛り上がりが良かった。

* いつもいい映画をありがとうございます。今の自分がどうなのか、振り返り見つめ直すことができます。

第4回文化センター映画祭の感想

第4回文化センター映画祭の感想 平成25年1月19日

「純愛物語」 「青い山脈」 「また逢う日まで」 「真昼の暗黒」


昔の映画をスクリーン上で観ることは、なかなかない経験でした。
一緒にみている他の人の顔を見るのも楽しいです。
昔、小学校で観た巡回映画を懐かしく思いだしたりしました。
この企画を続けてほしいと思います。

映画館へ行くことが難しい老人には、大変良い機会と喜んでいます。
今後もこのような企画をお願いします。

このような企画は貴重であると思うので、今後とも続けて欲しい。
過去の日本映画の名作を劇場で観る機会がないので、大変良かった。
文化庁の事業とのことですが、ずっと続けるよう要望して欲しい。
外国映画も上映して欲しい。

ゆっくり観られてよかったです。次回も期待します。洋画もいいですね。

大変懐かしく再度観て、若い時を思い出しました。
「青い山脈」は、はつらつとしてよかったです。

今後も続けてください。
終了時間が遅いので、開始時間を1時間早めて9時からにして欲しいです。

名画座よりも低料金で、上映本数も多くよかったです。
年4回くらいあるといい。

毎年この企画を楽しみにしています。
一監督の作品に絞っているのが良いと思います。
時代の流れ、作品の変化などが分ります。来年もよろしく!

若い時に観た作品で、「もう一度観たい」と思いました。
同じ監督の作品で4本はすばらしい。担当者の企画に拍手をおくります。

時代背景を含めて懐かしく、良かったです。
但し、音響が悪く(殆ど)聞きとれなかった(自分の耳の故もあると思うが)
音が割れるのは、音量が大きいからですか?

古い映画のせいか音声が悪く、ことばが聞き取れなかったのが残念です。

昼弁当におにぎり等もあればよかった。

昼食の時間をゆっくり取って欲しい。映画を観て昼食がゆっくり出来て、また映画を観られれば、一日優雅な気分になれる。

マナーがもう少し良かったら、完璧だったように思います。
しゃべるなとは言いませんが、声をひそめるなど見る側にモラル、エチケットを促して欲しい。せっかくの名画鑑賞を楽しみたいのに残念。  

上映中に出入りするお年寄りが、暗がりの階段で転倒しそうになっていました。怪我等危険ですので、何らかの注意が必要です。

年を重ね、夜の運転(天候がわるいとき)がだんだんできなくなるので、もっと暖かい時季だとありがたいです。

映画「ディア・ドクター」感想

映画「ディア・ドクター」感想 平成24年8月29日上映

医者の子は医者になる、このことは当然とされがち。
でも、親と異なる進路観や当人の資質などから、子は別の道を歩むことも。
主人公の伊野は、このような境遇にあったのかもしれない。

医師資格のない伊野は、ひょんなことから、無医村に医者として迎えられる。
そして、温かな人柄や面倒見のよさから村民の信頼を得、名医的存在となる。
でも、警察から嫌疑を受け、結局は逃れる。驚く村民に良き思い出や恋心も残して・・・・・。

この映画のテーマは「人は何かになりすまして生きている」にあるとか。
名優で名監督のチャップリンの映画がこれに当たり、シリアスな問題を悲喜劇に仕立てている。

さて、鹿沼映画鑑賞会は名画を通して、「豊かな人間性の再生」を図っている。
人間関係の稀薄化が進む昨今、これは大切な課題であり、本鑑賞会を衰退させてはいけない、と改めて思うのである。

『エデンの東』感想

『エデンの東』感想  5月6日上映

 とても心に残る名作でした。
大人になったから、今の人生があるから解る、母親と父親、その息子達。母親と自分が重なって、また息子達が重なって、そして誰でも自分を愛し、認めてもらいたい気持ち、自分が守って来たものの虚しさを埋めるものは、「愛なのだ!」と心から思いました。

 50年ぶりに見た。(ビデオで見る事を封印してきた)

波音が聞こえていたはずだったけれど、思い違いだった。
いつか映画の世界に沈んで行った。明るくなって、水底から浮かび上がるように夢から目覚めた。
いい映画をほんとうにありがとう。

 「見たことがある」映画でしたが、若い頃は解らなかったことが、何十年もして再び見ると「あ〜。そういう事だったのだ!」とよく解りました。
潔癖な夫について行けず、自由を選んだ母親、その結果二人の兄弟が思わぬ生き方をする展開となるが、母親の愛情がどんなにか大事だった事か。

 宇都宮にいる者です。今回は偶然に下野新聞で知りました。朝日新聞をとっていますが出ていませんでした。
10年間も映画鑑賞会をやっていた事を全く知りませんでした。
見逃した事を大変残念に思います。
映画史を飾った洋画の数々を大画面で鑑賞できればと思います

『エクレール・お菓子放浪記』感想文

『エクレール・お菓子放浪記』感想文

Shamrock アキオ君のすばらしい歌声に感動しました。3月11日で親を亡くした子ども達もこの映画を観て、生きる希望を持っていただきたいと願います。

Shamrock きれいな歌声で、温かい気持ちになりました。
 やさしさは、やさしさで、つながっていくんだなーと思いました。
 (大切にしたい)希望の持てる世の中になっていくよう願っています。

Shamrock アキオ君・・なんてすばらしい、心の真っすぐなしっかりした強い子なんでしょう。
 心から感動しました。愚かな戦争の為に、多くの人が不幸な人生を過ごしましたが、心の強いことの大切さを教わりました。

Shamrock 何年ぶりかの映画、楽しく見せて頂きました。感動、感動で、涙が止まりませんでした。

Shamrock 子供が、かくもたくましく、賢く、素直な魂の持ち主であることを心に刻み感動しました。
 たくさんの子供達に観てもらいたいです。吉井君すごいですね。

Shamrock 連れて来た5年生の男の子が、泣きっぱなしでした。ありがとうございました。
 連れて来て良かったです。

Shamrock すばらしい映画でした。今、経済的に困窮し、国もどう建て直してよいか悩んでいます。
 高度成長化に翻弄され、人間らしい営みが忘れられて来た今、改めて助け合いの気持ちの大切さを思い出しました。

Shamrock 感激しつつ拝見しました。戦中、戦後を実体験した年齢層の共感を呼びます。
 計画された諸兄姉に感謝します。

Shamrock 戦争中の人々の心の温かさと、孤児の強さ、人間てどんな環境の中でも生きていけるんだと思う。
 今、日本だけでなく世界中が混沌としていても、しっかりと生きて行こうと決心した。

Shamrock 「お菓子は希望」というアキオの言葉は、今の時代においても大切なことと強く感じました。
 石巻市の復興を心から望んでいます。

Shamrock 大震災以前の光景を見ることができるかと、家族で参りました。
 戦争前後を通しして、「絆」「愛」「希望」がぎっしり詰まったすばらしい映画でした。たくさんの方に観て欲しいと思いました。

Shamrock 映画大好き人間(夫婦共通の趣味)も体調を崩して、宇都宮まで出掛けることが出来ませんでしたが、久しぶりにとってもいい映画を観ることが出来て、幸せな一日でした。
 旅先で出会った登米の古い学校や町並みもはっきり思い出すことも出来、楽しさが倍増されました。
 吉井君のボーイ・ソプラノにすっかりハマッてしまいました。他の作品でまた聞きたいです。

Shamrock あの震災から丁度11ヶ月経った日に映画が上映されたのは意味があって、開演前に地震があったのも、あの震災を忘れないで欲しいという思いがきっとあったのだと、とても感動して泣ける映画でした。

Shamrock 今回の作品が今までで一番か!

第3回文化センター映画祭感想文

「生きる」「酔いどれ天使」「天国と地獄」「羅生門」

*年1回の鑑賞会なので、楽しみにしておりました。
 昔の印象とまた違った角度から見ることができました。
 次回も楽しみにしています。(70代女性)

*若い頃見るチャンスがなかったので、今、昔の映画を見ることができる年代になりました。
 年何回か開催して欲しいです。(60代女性)

*黒澤作品をホールで初めて見ました。
 メッセージのある作品を今後も期待します。(40代男性)

*年齢を重ねた現在、親子の問題、生活の中での老人、
 親の立場としての生き方等、どの映画も時代背景はあるにしても、
 人間の底にある感情、喜び、悲しみ、悩みには共感するものあり。
 重く考えさせられた。(70代男性)

*この黒澤4作品見たかったので、上映前から期待していました。
 まさに期待通りの内容で、人間の業とも言うべきことを考えさせられました。
 また、名作を鑑賞したいと思いました。(60代男性)

*良質な映画をこれほど格安料金観られるのは絶好のチャンス。(50代女性)

*名画の企画をどしどしお願いします。(70代男性)

*もう一度「羅生門」を観たく来ました。「薮の中」読みます。(70代女性)

*ものすごく良かった。今年で3回目ということですが、他市からきました。
 来年も下野新聞にPR載せてください。(50代男性)

*「生きる」人の生きざまは、その人の生き方がどうだったか
 死を以って証明されるのだが、人の為にいかに尽くしたかが問題だと思う。
 「天国と地獄」」は、正義と敵と人の醜さを真から見た思いがする。(70代男性)

*「生きる」志村喬さんの演技に、言葉少なくても内容があるところに感動し、
 涙しました。ゴンドラの歌と音楽も良かったです(60代女性)

*とても楽しい一日でした。「七人の侍」も見たかった。
 来年も来ます。年2回くらいにならないかな。(50代男性)

*音が聞き取りにくく、黒澤作品の一語一句漏らさず味わいたかった身としてはとても残念でした。
 他会場では、一日1・2本の所もあるようですが、覚悟を決めて丸一日
 どっぷり映画漬けというのもいいですね。
 年配者が多く、せっかくの機会にもっと若い人がきてくれるといいですね。(50代女性)

*映画そのものは良かったですが、会話がほとんど反響してしまって聞き取れませんでした。
 画面がはっきりしないのは、古いから仕方が無いとしても音響は何とかならな
いものかと周囲の人たちも言っていました。(70代女性)

*音響について、聞き取りにくく残念という感想多数あり。

『富士山頂』(平成23年11月上映)の感想

富士には裕次郎がよく似合う!   (M)

私がまだ高校生の頃の映画で、大変懐かしく見せてもらいました。 
 ヘリでドームを運んで設置するまでの迫力は、手に汗をにぎる状態でした。(H・O)

新田次郎の原作を読んで、どれくらい後だったか、映画化され観た思い出がある。
 観測が中止された時には、思わず涙が出たことを思い出した。
 古い映画を掘り起こして上映してくれるのが、嬉しいです。 (H・S)

懐かしい俳優に会えました。二度富士山に登りましたが、山頂の天候は凄いです。
 頂きが晴れ、雲の下は雨。頂上から見る日の出は最高。
 山頂には売店もあるし、強力が荷物を運び、馬もいました。
 でもやはり、富士山頂は遠くでみて“日本一の山”です。
 3776mの頂上に観測所を建てる時の苦労は、この映画を通してしみじみ痛感いたしました。(E)

その他のカテゴリー